Top Story

スズメバチの駆除は非常に危険ですので、蜂駆除を行う場合はハウスクリーニングに依頼をした方がいいこともありますが […]

Latest stories

蜂

蜂駆除をハウスクリーニングに依頼せずにDIYで行なう場合の方法を記載します。
蜂駆除を散布した後は直ぐに覆っていた穴を開けるのではなく、ハチの羽音が完全に聞こえなくなるまでは注意が必要です。
こんどはハチの巣を壊して撤去してしまいましょう。
ここで安心してはいけません、まだハチが生きている場合がありますので、ハチ駆除剤はまだ用意しておきましょう。
まだ、飛び回る場合もありますので、そういったハチには広噴射型のハチ駆除剤を散布して飛び回るハチを狙い撃ちにしましょう。

清掃

ハウスクリーニングに依頼せずに蜂駆除をする場合は注意が必要です。
まず、絶対に用意しなければならないのはハチ防護服です。
ハチ防護服はハチプロテクター、ラプターⅡ、ハチブロックなどがオススメです。
時間帯は朝や昼に駆除するより、夕方に駆除することをオススメします。
理由は夕方にはハチが巣に戻ってくるので、そこで駆除すれば、一気に多くのハチを駆除することができるからです。
どうしても昼間に駆除しなければならない場合には注意が必要です。
昼間に駆除すれば、夕方に出かけていたハチが帰ってくるので、そのハチ達が巣のあった場所を飛び回ります。
帰ってくる前にハチ用の粘着板をぶら下げておくとそこで飛び回っているハチを捕まえることができるでしょう。
ハチの巣は普通1個ですが、たまに2つ以上ある場合があるので見落としがないように注意しましょう。
ハチの巣の出入口に頑丈なテープや布で覆って防ぎ、ハチが外に出られないようにしましょう。
塞い所にハチが出れないように小さく穴をあけ、そこから蜂駆除を散布します。